鈴木畳店の日常を紹介するブログです。



2018年8月26日


8月最後の週末、色んなところで、花火や盆踊りなど盛んにおこなわれているこの時期、わが亀田でも、民謡流しが開催されました。

この週末あまり天気が良くなくて、朝から雨降り・・・

まあでも、数日前のあの暑さからすれば、めっけものか!

 

 

踊り始めたら、なんと雨もやみ始めいい感じです。

 

 

小学生、中学生も参加してくれて、にぎやかな踊りとなりました。

途中の休憩では、これまた旨いビールが用意され、その上桃太郎も・・・(アイスキャンデー これまた旨い!)

 

一時間半、たっぷりと踊り、最後に仲間と記念撮影

 

 

いい夜をいただきました。また、来年も参加いたします!

 

 

2018年8月20日


7月の祭りのご苦労参会をバーベキューで華やかに開きました。

総勢25人くらいで、子供たちが7,8人。にぎやかな会となりました。

生ビールと冷えたお酒、子供には、ジュースいろいろ、

そして、メインの料理、今朝釣ってきたアジの天麩羅、豚肉に牛の串刺し、これを炭火でじっくりと焼きます。

 

 

 

旨い!  最高!

そして、私が驚嘆したのが、エビ焼き

まだ、脱皮したてのバナエイエビを炭火でじっくりと焼きます。

そして、頭から皮ごとかぶりつきます。ウマイ!

 

 

昼から始まり、夕方まで延々と・・・・

イヤー、夏の暑さもへっちゃらで、楽しい時間を過ごしました。

2018年8月8日


 

昨日、ある会の暑気払いをなんと、信濃川でのクルーズとしゃれ込みました。

老若男女、総勢40名ほどで、行いました。私もこのクルーズは初めての体験でした。

夕方6時出発

 

 

 

 

萬代橋上手の乗船場から発して、まずは上流に向かい、そのあと、下流に向かって進みます。

 

 

まだ日が明るいうちから出て、だんだんと暗くなり、景色を一変してきます。

生ビーールとおいしい御馳走が出てきました。中には日本酒がいいという方も…

船に揺れて、ゆったりと時間が流れます。

ワイワイガヤガヤと場も盛り上がり、一気に宴会模様に…

 

 

 

小一時間したところで、私はデッキに出て写真撮影としゃれ込みました。

風邪が心地よい!

波もいい感じで写真に写り込みます。

二時間弱で、元の場所に到着。

 

飲み足りない人は、その後また、別の場所で・・・

いやー、いいプチ旅でした。

新潟の景色もいいですね。

また、一つ、にいがた自慢が増えました!

2018年8月1日


先月31日の午後四時頃、横越バイパスを阿賀野市方向へ走っていると、正面におやっと思う雲が・・・

まるで、龍が空を悠々と上っていくような様が観れました。

いやーすごい!と思わず、車を降りてシャッターを切った次第です。

何とも言えない青空の中の一風景   素敵でした。

山の上の雲もそのシーンの味付けのように映えていました。

いい絵に出会えて感謝!

2018年7月17日


先日、ある会の役を終えて、ご苦労様会が開かれました。

場所は、地元の割烹

そこへ、これも地元の酒蔵さん、越の寒梅の石本酒造さんの百十周年記念のお酒が登場しました。

 

 

名前は、”一輪一滴”   白い箱に真ん中に赤いライン、シンプルなデザインです。

味は、フル―ティな味がします。そのあとに濃い?味が・・・しっかりした味がついてきます。美味しいです。

 

いい言葉が繋ぎます。

百十年目の節目。一滴に、寒梅一輪の美意識を凝縮する。

蔵元さんの心意気があふれ出ています。

一期一会の酔い心地を遠慮なくいただきました。

 

限定3900本だそうです。それも、二本もいただきました。

Wさん、Kさん、ご馳走様でした。

普段は、あまりお酒は飲みませんが、この日ばかりは、おいしい冷酒をおいしい料理と共に堪能いたしました。

亀田に生まれてよかった!  です。

2018年7月3日


今朝早く、日本は、ベルギーと対戦。

予想を覆して、すばらしい試合をしてくれました。

私は、朝3時からの試合を眠気で観れず、朝4時に起きて見始めました。寝ぼけ眼で見て、1-0と出ていたので、一点差かと思いがんばれ!と思いきや、何と、一点勝ってるじゃないですか。びっくり!

そのあとすぐに、乾がゴール!    2-0

いやー、ボルテージが上がりました。

そのあと、2点入れられ同点となり、最後の最後に、カウンターからアディショナルタイムに入れられてしまいました。

ドラマでした、すごい試合をしてくれたなと思います。

日本チームに乾杯!!!  真のベスト16に入ったなと・・・・

みんな泣いていましたが、本当に、実のある試合運びだったと思いました。

昌子よ、泣くな   次がある。

すごい活躍でした。ありがとう!

 

2018年4月3日


毎年、桜の季節になると天気が悪く、寒くなります。今年も、案の定、雨降りとなり気温も下がり、寒い日になりました。

でも、桜はそれに負けずに立派に開きます。すごい!ですよね。この桜は、我が家から歩いて三分のところにある、五郎桜です。(私が勝手に付けたのですが…)

DSC_2451

 

 

すごいでしょ、立派な枝垂れ桜です。福島にある三春の滝桜の子供です。内科医をしてらっしゃったY先生が、三春から小枝を持ってきて植えた桜です。植木屋さんと一緒に手間暇惜しまず、手をかけて育てた桜。その先生も、今年の桜は観ずに・・・

昨年、九十歳を超えて亡くなられてしまいました。本当に残念なことでした。毎年、桜が咲くときには、前でじっくりと眺めていた先生、その時の満足そうな顔…いい顔をしてらっしゃった先生の顔が目に浮かびます。

先生、今年も立派に大きく咲きましたよ。周りの私たちを楽しませてくれていますよ。すごいものです。一年、一年枝周りを大きくして、どっしりと構えて咲いている

DSC_2449

 

 

 

私も、毎年、この桜を楽しみにして、何十年と見守っていきたいと思っています。そして、自分も、しっかり成長していきたいです。

 

”五郎桜”よ    永遠なれ

 

2018年2月21日


少し前になりますが、ある新年会で、にいがた芸妓の舞いを観ることができました。

大きな会場での舞いは観たことはあるのですが、こんなに目の前で観ることは始めてで、感動しました。

DSC_2316

 

DSC_2324

三味線と舞妓さんの五名で、息の合った舞い姿でした。

この方たちは、普通のサラリーマンと同じく、給料制だそうで、新潟の花街をひぱっていく役目を担っている大事な人たちだそうです。

やっぱり、着物姿は艶やかでいいものです。きれい!

DSC_2325

踊りを終えた後は、各席にお酌に周ってくれました。ついでにお願いして、”ツーショット”

DSC_2311

赤い顔が尚更ニヤケテしまいました。

ホントにこんなシーンは初めてだったので、とても楽しい時間でした。

新潟もいいところがいっぱいあるんですね。ない物ねだりより、あるもの探しですわ。

2018年2月10日


8日の日、新潟市内の三社神社にて、恒例の針供養を行いました。

例年になく、雪が多いことし、 列車が運休している路線があり、こられらない方も

例年より少ない人数ですが、それでも、始まりました。DSC_2366

DSC_2371

 

 

 

 

 

 

 

 

去年一年間で使用して、折れたり曲がったりした針を各々が持ち寄り、豆腐にさしていきます。

 

DSC_2369

 

 

 

 

玉ぐしと共に供養しました。ご苦労様でした、ありがとうございましたと祈りながら・・・・

三十分ほどで終わりました。このあと、席を替えて、懇親会へ

神社からは、一店ごとに、御祈祷していただき、最後に商売繁盛のお札をいただきました。

DSC_2373

 

 

今年一年また、頑張ります。ありがとうございました。

 

 

2018年1月25日


1月20日の土曜日、新潟市内で恒例の”新潟ジャズストリート”が開催されました。

今回で、31回目となり市内28会場、156組、870名余のメンバーが、思い思いのスタイルで音を奏でました。

毎年、夏と冬の2回行われますが、冬は1日のみ・・・

私も、昼の12時から夜の8時まで楽しみました。

今回は、会場選びを主として楽しみました。

DSC_2334最初は、喫茶店、次は、美術館、そして、大学の学生ホール、最後は、ホテルのバー

DSC_2337チケット1枚1000円で購入して、それですべてのコンサートを見ることができま

す。特に、今回は、新潟市美術館の展示室で開催され、入場料もこのチケットでオ

ーケイでした。美術館では、あの野口久光氏の映画ポスター展が開催されていまし

た。グラフィックデザイナーであるとともに、稀代のジャズ評論家でもあります。

DSC_2341美術館には、3時間ほどいましたが、コンサートとポスター鑑賞でも足りないほどで

した。もいちど、見に行かないといけませんね。

最後の、ホテルオークラ3階のバー、エジンバラでの演奏は、大阪のギタートリオの

演奏

DSC_2347もう、私は、4回目となりますが、いつ聴いても素晴らしい音の協演です。一時間が

あっという間に過ぎていきます。

ラテン的な音と、ブルース、そして、ロック。混ざり合いながらもそれぞれ主張し合

って、そしてまとまる、スピード感あふれる音。いやー、すごい! の一言・・・

もう少し、聴きたい感情を抑えながら、萬代橋をわたって帰途につきました。

DSC_2349最高の一日をいただきました。こんな企画が新潟で行われることに感謝せずにはいら

れません。スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

今度は、夏、7月を楽しみに・・・