鈴木畳店の日常を紹介するブログです。



2024年5月27日


ここ数日、日ごとに寒くなったり、また暑くなったりと、とても過ごしにくい日が

続いています。

そんな中、ステキな花をいただきました。

 

鮮やかなピンクと紫の花です。ピンクは、シャクナゲでわかるのですが、紫の花は

何という花か、持ってきた人も、わからないと言っていました。

 

 

でも、ホント素敵な花たちです。

さっそく、事務所に飾りました。

むううう、映えますね<嬉>

いいものをいただきました。

ありがとうございました。

ついでに、鉢に植えていた花も満開です!

 

 

2024年4月27日


4月も、今日からゴールデンウイークの始まりです。

今月初めに、毎年見ている”五郎桜”が、5日に満開となりました!

 

 

昨年より一週間ほど遅く咲きました。まあ、例年並みでしょうか。

 

 

 

相変らず見事なしだれ桜です。

そのあと、北陸を応援しようと、富山へ出かけました。

菅沼の合掌集落と井波の彫刻を見に行きました。

 

 

菅沼は小さい部落ですので、人もまばらでゆっくりと散策できました。

 

 

まだ、少し雪も残っています。

井波は以前から行きたいと思っていたのですが、ようやく今回実現しました。

井波の瑞泉寺はやはり別格でした。

 

 

お寺もでかいですが、彫刻がそこいらじゅうに施されていてスゴイ!です。

龍から動物の絵、植物、あらゆるものを彫刻で施していました。

首が痛くなります。

 

街中もそれぞれに、お店の特徴を活かした看板が彫刻でできています。

それも、とってもしゃれているのです。

これは、瑞泉寺の門の中にあったものです。

なんと、自販機に木で猫が彫られているんです。

 

 

脇に三匹、正面に四匹の猫が彫られています。下のしっぽも( ^ω^)・・・

 

 

ぶらぶらしていると、小路に池波正太郎さんの展示がありましたので、寄りました。

 

 

池波さんの父方の祖父が井波の出という縁で、交流があったようです。

 

その中で、こんなものを見つけました。

 

いい言葉です。

心に残り、帰って来て本を買いました。

 

 

「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などの小説を書いた人で、今でもドラマが放映されて

いますね。

お礼のハガキもたくさん・・・

それも、自分で絵を書き添えて・・・

 

 

 

 

こんなふうに普通にハガキを出しているなんて、、、

人柄や、絵の上手いことなどがよくわかります。

いい街歩きをしてきました。

のんびり、ゆったりと・・・

次回は、どこに行こうかな

2024年3月26日


少し前になりますが、テレビでからだ化粧ということをやってらっしゃる

小林照子さんという人のドキュメントがありました。

 

 

化粧品で、モデルの全身に絵を描き幻想的な雰囲気を醸し出していました。

肉体が動くなりを見越してメークをしていく様は、スゴイというしかありません。

 

 

今回は、世界的ダンサーの森山開次さんの体に化粧をしている様子を長時間に渡って

撮り続けているドキュメントでした。

 

 

何度も何度もやり直しながら、創り上げていく様は、動く絵画そのものでした。

しなやかなダンサーの肉体に絵を描いていく。

 

 

鷹がまるで生きているような感覚です。

 

 

特に、眼が、爪がうごめいていく様は、視ていてある種、ぞくっとします。

 

 

 

 

88歳のお年とは、全く感じません。

若々しいし、キレイです。

こんな風に齢をとりたいものだと、ふと、思いました。

ホント素敵!!

イイ時間をいただきました。

もし、興味のある方は、「からだ化粧」か「小林照子」で探していただくと、見れる

と思います。

2024年2月17日


先週の2月8日に、新潟市内の三社神社にて恒例の針供養を行いました。

総勢12名の参加で、2019年以来、まる四年振りの開催となりました。

 

 

 

 

昨年一年間で使用した折れた針や曲がった針などを持ち寄り、神前に供えた豆腐に

針をさして、榊を奉納させていただきました。

 

 

針への感謝と共に、又この一年の無事をお祈りいたしました。

 

 

いつもは、そのあと懇親会を開くのですが、まだコロナの影響があるようなので

今年は、無しとなりました。

 

 

 

三社神社の皆様には、大変お世話になりました。

どうもありがとうございました。

来年の針供養では、いつも通りのことが出来るようになりたいものです。

 

まだ、地震の余震が続いており先日は震度3の地震がありました。

最近は、能登沖より東に移り、佐渡沖で起きています。

もう少し注意深く、そして用心深くみていきたいと思っています。

 

 

 

 

2024年2月7日


先週の日曜日、子ども食堂のお手伝いで、餅つきに参加してきました。

まだ、肌寒い日でしたが、みんな頑張ってます!

 

 

 

 

若いTさんが真っ先についていきました。さすが何度もやっているような感じ・・・

手慣れた手つきで餅をつきます。

やっぱり、腰つきがさまになっています。

 

私も何とか混ぜてもらいました。

結構大変でした。腰もふらふらに・・・

三回、ついて終了!

てこのKさんもご苦労様!

 

 

このあと、子供たちに、餡子と黄な粉餅を配りました。

来年は、もう少しましな格好を見せられたらと思いました。

 

2024年1月7日


明けましておめでとうございます。

新年早々、地震と映画でも見ているような日航機事故

本当に今年は、騒がしい年の始まりとなりました。

能登を震源とした大規模地震は、1週間たった今でも100名以上の方が安否不明と

なっています。

震災に会われた方々に心よりお見舞い申しあげます。

ここ新潟市でも,海岸端を中心に液状化現象で、道路が隆起したり砂が上がって

来て、大変な状況になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、私どもの地域は、正月恒例の神楽舞を正月お昼から行い、

その後新年会へと流れました。

 

 

 

 

午後3時頃終了して、家で良い酒のままウトウトしていたらいきなり大きく

揺れ始めました。1分以上揺れたように感じました。

ビックリ!!

急いで外へ出て周りを見回して、しばらくそのまま待機

幸いにも、雪もなく穏やかな正月でしたので、助かりました。

しかし、その後何度も震度3くらいの余震が二三時間ごとにきて、着替えと

懐中電灯、ザックを脇に置いて寝ることに・・・

そして、翌二日   今度は、日航機が海保の機体と衝突

テレビでライブ映像・・・

凄いシーンでした。

こんなことが目の前で起こるとは

それから、あっという間に今日となり、昨夜も揺れが起きて目が覚めました。

仕事は、昨日6日が仕事始めとなりました。段取りだけしただけですが

そして、今日明日とお休み・・・

正式には、9日が仕事始めになりそうです。

2024年、出端から激しい年の初めとなり、気を付けてまいりたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

2023年12月30日


昨日で、年末の仕事納めでした。

コロナも治まり、まだインフルエンザが流行っていますが、少しは、以前の状態に

戻ってきたように思います。

今年も、あっという間の一年でした。

ちょっと、昨年の12月の日記を見てみると、景気の良くない話が出ていて、年々

仕事量が減っている様子が続いているのがわかりました。

この4年間で、色んなことが変化しているんだと思いました。

今のお客様を大事にして、一つ一つ仕事をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

仕事場と玄関に正月飾りをかざり、一年のありがとうをお参りして、来年の出迎えを

していきます。

 

 

本当に、この一年お世話になりました。ありがとうございました。

来年は、辰年!

龍が、勢いよく天に向かって登っていける年となりますことを期待したいと

思います。それと共に、地に足をつけて進んでいくことも・・・

それでは、良いお年をお迎えください!!

 

2023年12月25日


先週、今年最後の新築の家に畳を納品させていただきました。

昨日、一昨日と引越しをされて、バタバタとした年の瀬だったと思いますが、

ステキなおうちが出来ました!

私の方は、4・5畳の部屋に畳を納品させていただきました。

 

 

今回は、ヘリの無い畳を注文いただき、普通の畳より目が細かい目積という畳表を

使用しました。

けっこう、すっきりとした感じになりました。

 

 

縁の無い畳は、普通の畳と作り方が違い、先に畳床を寸法に合わせて切り、

その上に、畳表を巻き上げる感じで作ります。

その時に、縦横すべてを畳床に合わせて、折らなければなりません。

キズをつけないように、慎重に折っていきます。

これがむつかしい!

キレイに出来た時には、嬉しいものです。

良い畳が出来ました。(自分で言うのもなんですが・・・)

 

 

 

大工さん、施主の皆様、どうもありがとうございました。

今年もあとわずか・・・

一日一日大事に過ごしていきたいですね。

 

 

2023年11月29日


ちょっと前になりますが、長岡市立劇場で佐渡裕指揮、シエナウインドオーケストラ

のコンサートに行ってきました。

 

 

 

 

ほんと、久方ぶりの生のブラス演奏でした。

いやー、すごく良かったです。そして、感動しました。

 

 

 

 

 

何故このコンサートを聴きに行ったかと言うと、実は、50年ほど前に高校の

ブラスバンド部で、大会の自由曲をこの”ローマの松”を演奏したことがあり、

その懐かしさから、それと、佐渡さんが棒を振るというので、楽しみに来ました。

イタリア人のレスピーギという人が書いた曲です。

私たちが演奏したのは、”ローマの松”の中の”アッピア街道の松”という曲でした。

この曲には、”ローマの松”だけでなく、”ローマの祭り”と”ローマの噴水”という3部作

で創られていたようで、初めて知りました。

今回は、その3部作すべてを演奏してくれました。

ローマ軍の行進や、祭りの風景、季節の移り変わりなど、音でそれを表現しています

トランペットのファンファーレや、ホルンの響き、フルートの音色で表現していまし

た。

本当に壮大な交響詩と言ってはばからない素晴らしい響き!!

ブラスの祭典というに相応しい演奏でした。

50年前の演奏を思い出させてくれました。

本当に、聴きに来てよかったです。

 

 

 

 

 

演奏の最後には、楽器をもってこられた方たちが、演壇に上がり、シエナと一緒に

”威風堂々”を合奏して終えました。これも、素晴らしいなと思いました。

昔の作曲家は偉大ですね。

帰って来て、さっそくネットで買いました。

 

 

 

買ったのは、佐渡さんではなくて、小澤征爾さんのボストン交響楽団の”ローマ3部作“

です。

聴いてみると、今回聴いた感じとは、また別の曲のように感じられました。

柔らかいというか、やさしいというか、やっぱり違います。

でも、いい曲です!

音は、楽団によってこうも違うのかと感心させられました。

音楽はイイですね。

2023年10月18日


先日、何十年振りかに、宇都宮の大谷石を見に行って来ました。

 

 

ほんと、スゴイところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、最初は、すべて人の手で掘っていたなんて・・・

この広さ、深さ、

 

 

 

 

 

 

 

 

人の手から、機械化されて今の規模になったとは思いますが、それにしてもスゴイ!

今は、きれいに案内路が柵とともにされていて、歩きやすかったですが、最初訪れた

時は、まだ柵はなくて、案内路もなかったような気がしました。

野性的というか、迫力があったような感じがしています。

それにしても、スゴイ!! です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと回ってきました。

途中、小学生の団体さんと遭遇・・・ 賑やかで、笑い?がでるくらいでした。

 

 

いいものを観てこれて、大満足の一日となりました。

帰りに、やはりここへ来たならと・・・

餃子とラーメンをいただいて岐路につきました。

行きは、高速で磐越と東北自動車道を使い、帰りは、のんびりと、下道で来ました。

日光、鬼怒川から南会津、昭和町村を通って奥只見川沿いを抜けて、西会津ICから

帰途につきました。

この道は、面白い! です。

また、走りたいと思います。