2021年10月9日


ちょっと前になるのですが、古本屋さんで(今は、横文字ですが・・・)こんな本を

見つけました。

あの松下幸之助氏の本です。

この本は、1973年初版ですから、今から48年前の本です。

 

 

 

 

氏が、78歳の時に書いた本で、94歳まで生きた方なので、後半生に書かれた本です。

お店の中を歩いていて、このシンプルさに惹かれました。

濃い紺の紙に、商売心得帖  松下幸之助(自筆)

思わず手に取ってみました。ほとんどすべての項目が、見開き二ページの話しで

終わります。とても読みやすく、所どころ、題を見ながら飛ばして読み始めました。

その中で、特に心に響く箇所がありましたので、以下に載せさせていただきます。

ここから……

〔商売冥利〕

商売をはじめて間もないころ、ある先輩の方から、こんな話を聞きました。

ある町に立派なお菓子屋さんがありました。そこに、ある日一人の乞食が

まんじゅうを一個買いにきたのです。しかし、そういったいわばご大家とも

いわれるそのお菓子屋さんに、たとえ一個にしろ乞食がまんじゅうを買いにくると

いうのは、これは珍しいことだったのです。

それで、そのお店の小僧さんは、まんじゅうを一個包んだのですが、なにぶん相手が

相手だけに、ちょっと渡すのを躊躇しました。

すると、そこのお店のご主人が声をかけたのです。

「ちょいとお待ち、それは私がお渡ししよう」

そういって、そのまんじゅうの包みを自分で乞食に渡し、代金を受け取ると

「まことにありがとございます」といって深ぶかと頭をさげたのです。

乞食が出ていったあとで、その小僧さんはふしぎそうにたずねました。

「これまでどんなお客様が見えても、御主人がご自分でわざわざお渡しになった

ことはなかったように思います。いつも私どもか番頭さんがお渡ししておりました

きょうはどうしてご主人自身があんな乞食にお渡しになったのですか」

そうすると、御主人はこう答えたのです。

「お前がふしぎに思うのももっともだが、よう覚えておきや。これが商売冥利と

いうものなのだ。なるほど、いつもうちの店をごひいきにしてくださるお客さまは

たしかにありがたい、大切にせねばならん。しかし、今日の人の場合はまたちがう」

「どうちがうのですか」

「いつものお客様はみなお金のある立派な人や。だからうちの店にこられてもふしぎ

はない。だがあの人は、いっぺんこのうちのまんじゅうを食うてみたいということで

自分が持っている一銭か二銭のいわばなけなしの全財産をはたいて買うてくださった

こんなありがたいことはないではないか。そのお客様に対しては、主人の私みずから

これをさしあげるのが当然だ。それが商売人の道というものだよ。」

これだけの話ですが、何十年かたった今でも、ハッキリ頭の中にのこっています。

そして、このようなところに商売人としての感激を味わうのが、ほんとうの姿では

ないかという気がしているのです。

……ここまで

みなさん、どう思われましたか。

松下氏が、商売をはじめて間もない時ですから、三十歳前くらいかと思いますが

こう感じるという心の在り方みたいなことが、自分自身にいま問われたのかなと思い

ました。

時代は、昭和の初めころ、まだ景気も良くない頃の話だと思います。

そこら中に、こじきも多くいた時代。このお店のご主人もすごいなと思いますし、

その五十年ほど前のことを今でも鮮明に覚えていらっしゃる松下氏もすごいと

思いました。

またひとつ、宝物が増えました。

 

 

 

2021年8月10日


先月の末から今月の初めくらいまで、結構 様々な景色模様がありました。

時間軸と共に、載せていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

空の景色、朝、夕とそれぞれ顔を替えて新潟の空に映ります。

 

 

 

 

 

 

 

同時期に始まったオリンピックと共に流れていきました。

どちらも考えのつかないドラマですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上を向いていないと捕まえれない空と、テレビにくぎ付けの夜。

 

 

 

 

 

 

そんな日々でした。

2021年7月14日


先週まで、物凄い雨に降られていた新潟地方ですが、今日梅雨が明けたと気象庁から

発表されました。

まだ、関東はもとより、東海、近畿、四国もまだ梅雨が明けていない中での

北陸地方の梅雨明けです。

夕方、車を止めて、シャッターを切りました。

 

 

 

稲穂の緑と空の青   いいですね!

 

 

 

 

これから暑い夏が始まります。

くれぐれも熱中症に気を付けて、乗り切りたいと思います。

 

 

 

でも、やはり雨降りよりは、天気がイイほうがいいですよね<嬉>

2021年7月7日


先月末に、経団連会長の中西宏明氏が亡くなられました。

病気の治療で、入院してらっしゃるときにも、パソコンを持ち込んで、業務を

なさっていたというひとかどの人でした。

中西氏が、生前、7月9日に、十倉会長たちと食事をしましょうと、予定をいれていた

ことがわかりました。

ほんとに、亡くなる寸前まで予定を入れ、奮闘していた様子をお聞きし、

この本を買いました。

 

 

 

 

これから、読もうと思いますが、中西氏の人となりが本からも、見えてくる

かもしれません。

しっかり、読ませていただきます。

安らかに、お眠りください。

 

2021年4月22日


先回、君子蘭が花開いたことを書きましたが、こちらが満開の花です。

 

 

 

ホントに、五個の花が咲きました。 五輪まんかい!

キレイですね<嬉>

でも、現実は、日に日にコロナの陽性者が増え続けています。重傷者も・・・

もう、3か月余りですが、どちらにするにしても、たいへんな状況です。

そんな中、うちのロクは相変わらず( ^ω^)・・・

 

 

 

変わらない日々を悠々と過ごしています<笑>

 

 

 

5月の連休は、どこにも行かず家で過ごします、ロクとともに・・・

 

なっ、頑張ろうな!

 

2021年3月31日


今年も、咲いてくれました。

 

 

それも見事に・・・

毎年見ていますが、今年は特別です。

コロナで、丸一年外出は自粛し、地域の祭りやその他諸々がすべて中止となった

この一年

ですが、桜はなんにも関係ないように、ゆうゆうとそして、見事に咲きました。

自然というのは、スゴイですね。

そして、ひとの何回りも大きい天からの贈り物ですね。

これを見ていると、今のコロナも、大したことないなんて思ってしまいます。

すこし、深呼吸してまた、はじめればいいんだなと思いました。

 

 

 

五郎桜よ 咲いてくれて本当にありがとう!

わたしも頑張るよ!

2020年12月17日


今週初めから、ついに雪が積もりだしました。

昨年は、ほとんど雪が降らない冬でしたが、今年は・・・

気温も、氷点下から最高気温も2℃、3℃で、本当に寒い日が続いています。

昨日からは、高速道路が、急な積雪で車が動けなくなり、大渋滞となっています。

一日も早い復旧をしていただき、皆さんが無事に家に帰れますように

お祈りいたします。

身体も、まだこの寒さになじめていないので、大変です。

 

 

 

とは言っても、今年も余すところ後、二週間余りですね。

今年は、ウイルスの関係で、どこにも行けず、なおさら一年が早いように思います。

残りの一日一日を大切に過ごしていきたいです。

皆さんも、今年の締めくくりを大事に過ごしていってください。

 

 

 

2020年10月10日


 

10月8日の夕方、午後5時半ころ、ちょっと、外へ出ると、西の空が・・・

分刻みで刻々と、空の色が染まっていきます。

 

 

 

 

 

面白い!

少し、見惚れていました。

最初は、ブルーの空に赤い色が点々と着きはじめ、暗くなって来ると同時に

赤く染まり、薄黒くなってきました.

 

 

 

ちょっと、不気味な色です。

 

 

 

秋の空は、面白いですね。

2020年8月17日


 

今年のお盆は、どこにも行かず、家で過ごすお盆でした

我が家の猫も、手持無沙汰みたい・・・

 

 

 

どっか行ってくんないかな?  みたいにこっちを覗いています。

 

 

わかるんですね。うちらの気持ちや、行動が・・・

すごいもんだわ!

来年は、ゆっくりと出かけられるようになっていればなと願います。

2020年6月15日


 

結構前になるのですが、6月6日のよる、何気なく外を見てみると、ものすごい夕焼け

が・・・

 

 

 

 

 

時間が午後7時20分でした。

こんな遅くに、素晴らしい夕景 ビックリ!

圧倒されました。しばらく二人で見惚れていました。

こんな中でも、自然はゆうゆうと対座しています。

 

ホント、すごいですよね。